PEAK XOOPS - altsys 0.71a in englishin japanese






Main : XOOPS Modules : 

Category: XOOPS Modules       icms   xc21   php5
Download Now! Download Now! altsys 0.71a Popular Version: 0.71a
Submitted Date:  2008/12/22
Description:
in englishin japanese
== ALTSYS == 代替システムモジュール&ライブラリ

●要旨

使いづらいシステムモジュールの代わりとして作ってきたblocksadminやtplsadminといったコアに関する操作を統合したモジュールです。

Duplicatable V3モジュールから、ライブラリとして利用できる形にしたため、構造から大きく見直しています。
バグ報告を大歓迎します。

今後は、avamanも吸収し、私自身のメンテナンスを楽にしたいと思います。


●インストール

- mainfile.php にて XOOPS_TRUST_PATH を設定してください
- アーカイブのxoops_trus_path/内を、XOOPS_TRUST_PATHに展開してください
- アーカイブのhtml/内を、XOOPS_ROOT_PATHに展開してください
- モジュールとしてインストールしてください
- 管理画面テーマ機能を利用する場合は、下の手順に従ってください


●アップデート

0.2x や 0.3x からのアップデートでは、公開側(XOOPS_ROOT_PATH/modules/altsys)をいったん消してから、上書きしてください。

0.4から、altsysは見かけ上メイン部を持つようになりました。メインメニューなどに、ALTSYSが表示されて困る場合は、モジュール管理から表示順を0に変更してください。


●機能

- X2コアよりも判りやすくブロック管理ができます
- X2コアよりも判りやすく権限管理ができます
- 本来DBテンプレートが持つ性能を活かした形で編集できます
- テンプレートのインポート/エクスポートが自由自在です
- テンプレート編集の差分を表示します
- 対象テンプレートを見つけやすくできます
- テンプレート編集をしやすくするためのDreamWeaver用Extensionを自動生成します
- X2管理画面の管理メニュー部分を表示改善できます
- 管理画面を通常テーマで表示することができます(管理画面テーマ機能参照)
- テンプレート自動更新機能を提供します(テンプレート自動更新機能参照)
- X2, XCL2.1, ImpressCMS等、あらゆるコアの操作性・開発効率を向上します


●テンプレート自動更新機能

DBテンプレートをローカルで編集する際には、ファイルを更新するだけで、自動的にDBテンプレートへ反映してくれる機能があると、とても開発効率が向上します。altsysでは、3つのパターンを提供します。

(1)テーマ内テンプレート自動更新機能
サイトやテーマ開発者にとって便利な機能です。
mainfile.phpのcommon.php読込行の直後に、以下のように1行挿入します。

		include XOOPS_ROOT_PATH."/include/common.php";
		
		include XOOPS_TRUST_PATH."/libs/altsys/include/autoupdate_from_theme.inc.php" ;
		

これにより、選択されたテーマ内のtemplates/フォルダ内に置かれたテンプレートを自動的に読み込むようになります。

(2)モジュール内テンプレート自動更新機能
モジュール開発者にとって便利な機能です。
mainfile.phpのcommon.php読込行の直後に、以下のように2行挿入します。

		include XOOPS_ROOT_PATH."/include/common.php";
		
		$tplsadmin_autoupdate_dirnames = array( 'piCal' ) ;
		include XOOPS_TRUST_PATH."/libs/altsys/include/autoupdate_from_module.inc.php" ;
		

このように記述することで、piCalモジュールのテンプレートの元ファイルを編集するだけで、即時にデータベースに反映されます。includeする前に、$tplsadmin_autoupdate_dirnamesに配列をセットしておくことが重要です。
もちろん複数のモジュールを同時指定することも可能です。array( 'piCal' , 'tinyd0' ) のように指定します。

(3)TRUST_PATH内テンプレート自動更新機能
D3モジュール開発者にとって便利な機能です。
mainfile.phpのcommon.php読込行の直後に、以下のように2行挿入します。

		include XOOPS_ROOT_PATH."/include/common.php";
		
		$tplsadmin_autoupdate_mydirnames = array( 'pico' , 'd3forum' ) ;
		include XOOPS_TRUST_PATH."/libs/altsys/include/autoupdate_from_d3module.inc.php" ;
		

このように記述することで、picoモジュールやd3forumのテンプレートの元ファイルを編集するだけで、即時にデータベースに反映されます。includeする前に、$tplsadmin_autoupdate_mydirnamesに配列をセットしておくことが重要です。

(1)〜(3)のいずれも、併用が可能です。


●管理画面テーマ機能

管理画面を、公開画面用のテーマで表示します。これにより、管理画面も公開画面も同じ画面でシームレスに利用できるようになり、利用者にとっての違和感がなくなるメリットがあります。使い勝手全体も、テーマ・テンプレートレベルでいくらでも向上させることができます。

コアタイプによって有効化する方法が違います。(俺的とXOOPS2.2には対応していません)

(1) XOOPS2.0.x
mainfile.php のcommon.php読込行の直後に、以下の1行を挿入します。

		include XOOPS_TRUST_PATH.'/libs/altsys/include/admin_in_theme.inc.php' ;

無効化するには、この1行を削除してください。

(2) XOOPS Cube Legacy 2.1
settings/site_custom.ini.php に以下の行を挿入します。(このファイルがなければ作る)

[RenderSystems]
Legacy_AdminRenderSystem=Legacy_AltsysAdminRenderSystem

[Legacy_AltsysAdminRenderSystem]
path=/modules/altsys/include
class=Legacy_AltsysAdminRenderSystem

無効化するには、これらの行を削除してください。

管理画面テーマは、altsysの一般設定で指定します。
つまり、公開側テーマと管理側テーマは別々のものを指定できます。
ここを空欄にするだけでも、管理画面テーマを無効化することができます。
問題発生時には、この方法を使うのがお勧めです。

ほとんどのブロックを管理画面テーマに表示することが可能ですが、ブロック管理で「前ページ」と指定しても管理画面には表示されません。ALTSYSモジュールに対して表示指定されたブロックだけが表示されます。管理画面にも公開画面にも表示したいブロックであれば、「全ページ」と「ALTSYS」をCTRL+クリックで両方選択してください。

管理画面でのハマリを避けるために、管理画面にはかならず管理メニューブロックが表示されます。明示的に表示指定をしていない場合、左ブロックの一番上に強制挿入されます。表示指定されていれば、そのまま表示されます。


●管理メニュー

0.4から、「管理メニュー」ブロックがaltsysにつきました。ブロック管理から、ALTSYSモジュールに対して表示指定することで、管理画面内にブロック表示されます。もちろんこれは、管理画面テーマが有効になっている場合のみです。

XOOPS2.0.x において、通常管理画面を利用している場合(管理画面テーマを利用していない場合)、altsys一般設定の「管理者用メニューの書き換え」が意味を持ちます。いろいろ試してみてください。これによってもし画面がおかしくなったなら、cache/adminmenu.php というファイルを削除してから、あらためて管理画面に入るだけで復旧します。(確認画面で「はい」を押してください)


●言語ファイルオーバーライド

0.5から言語ファイルオーバーライド機能がaltsysにつきました。言語定数管理から、モジュール->言語->ファイルを選んで、必要な部分を書き換えるだけです。

ただし、これが有効にならないケースも多い点に注意が必要です。

D3LanguageManagerに対応したモジュールであれば、無条件で有効に機能しますが、それ以外のモジュールについては、コアバージョンによる制約があります。

XoopsCube Legacy2.1であれば最も簡単です。アーカイブ添付のpreloadを有効にするだけです。これで一般的なモジュールは書き換え可能です。

従来のXOOPS2について、この機能を有効にするためには、コアHackが必要になってしまいます。言語ファイルの共通読込処理を書き換える形になるため、比較的ハードルも高く、あまりお勧めしません。(やり方もここでは書きません)


v0.71 (2008-12-21)
- XCL2.1のcl::{BlockClass}に対応した (thx tohokuaiki)
- XOOPS2.3での動作を確認した
- プレビュー時にグループ権限が失われていたのを修正
- RTLサポート (leftやrightを直に記述せずに、_GLOBAL_LEFT/RIGHTを使う)
- 言語定数更新
-- persian (thx voltan)
- _ADM_USE_RTLが定義されていない環境で_GLOBAL_LEFTがrightになるバグを修正 0.71a

v0.70 (2008-12-14) ※ 要モジュールアップデート
- myblocksadminをまるまる書き直した
- 表示対象グループを直接選択できるようにした
- ImpressCMSに対応した(ページIDおよび追加ブロックポジション)
- XOOPS2.2への対応をやめた
- common/fckeditor (fckxoops)でカスタムブロックを編集できるようにした
- カスタムブロック編集でspawへの対応をやめた
- 言語定数追加
-- portuguesebr (thx leco1)

v0.61 (2008-09-05)
- D3NotificationHandler を追加
- 言語定数オーバーライドで modinfo.php が二度読まれてしまう現象を修正 0.61a

v0.60 (2008-08-07)
- Text_Diffが吐くassert()によるWarningをとりあえず消した
- modinfo.phpを読み込まないケースでNoticeが出ていたのを修正 (thx shige-p)

v0.59 (2008-05-22)
- XCL2.1における管理画面テーマで、CSSが読み込まれない問題の改善
- XCL2.1におけるブロック管理の相性問題改善
- gtickets.php の更新
- 言語ファイル更新
-- persian (thx stranger) 0.59a

v0.58 (2008-04-10)
- パンくず関連のバグ修正
- 管理画面テーマのテーマ下言語ファイル対応
- XOOPS_TRUST_PATHを設定していない場合の対応追加

v0.57 (2008-04-01)
- Altsysを開始モジュールとしてしまった場合の対処を追加
- 言語マネージャのtypo修正 (thx nobunobu)
- テンプレートキャッシュ内ファイルの誤削除修正 (thx nobunobu)
- XCL2.1用言語マネージャフックpreloadのテーマ下言語ファイル対応
- XCL2.1用言語マネージャフックpreloadのmy_language/下ページタイプ言語ファイル対応
- XCL2.1の管理画面テーマで、メニュー項目が重複するバグの修正 (thx nobunobu)
- AltsysBreadcrumbs クラスの新設
- Altsys内のxoops_breadcrumbsを比較的真面目に作った
- 言語ファイル追加
-- spanish (thx debianus)

v0.56 (2007-12-28)
- カスタムテンプレートの実装
- 複製ブロックのfunc_numがなるべくダブらないようにした
- 管理画面テーマで Module.class.php でオーバーライドするモジュールに対応した
- XOOPS_ROOT_PATH/my_language による言語定数の差分オーバーライドを実装した
- 差分オーバーライド状況を管理画面でも確認できるようにした 0.56a
- NBFrameへの対応 0.56a

v0.55 (2007-07-12)
- 本家版コア2.0.14/15/16との互換性改善
- XoopsTplを継承したD3Tplクラスの実装・利用
- 管理画面メニュー書き換え機能の改善 (thx nobu) 0.55a
- 言語ファイル更新 0.55a
-- persian (thx voltan)
- 言語ファイル追加 0.55a
-- german (thx rene)

v0.54 (2007-07-06)
- 管理画面テーマを使うとエラー表示がなくなってしまったのを修正
- 管理画面テーマとお手軽高速化Hackとの衝突を回避

v0.53 (2007-06-05)
- 細かな操作性向上
- 言語ファイル名変更
-- ja_utf8 (旧 japanaeseutf)

v0.52 (2007-05-11)
- ブロック強制複製可能オプションの新設
- キャッシュファイルの生成ルール変更
- 言語ファイルオーバーライドで modinfo.php も扱えるようにした

v0.51 (2007-05-10)
- 通常モジュールも言語ファイルオーバーライドシステムで扱えるように仕様変更
- XoopsCube Legacy 2.1 用のランゲージマネージャオーバーライドpreloadの同梱
- mylangadmin の操作性改善
- altsys専用mymenuのテンプレート化
- 同サブメニューのテンプレート化

v0.50 (2007-05-07)
- 言語ファイルオーバーライドシステムmylangadminの実装
- mymenuのテンプレート化
- テンプレート編集での確認ボタンの追加
- 言語ファイル追加
-- japaneseutf
- mylangadminの互換性改善 0.50a
- 言語ファイル修正 0.50a
-- persian (thx voltan)

v0.41 (2007-04-04)
- tplsadmin をテーマ編集対応した (dbthemeモジュールとの併用時)
- 管理画面テーマの対Legacy 2.1互換性を向上させた (thx sakichi)
- お手軽高速化Hackでメッセージが表示されていなかったのを修正 0.41a

v0.40 (2007-03-27) ※ 公開側も上書きしてください
- 構造を大幅に変更した
- 管理画面テーマをXC Legacy 2.1で動くようにした
- 管理画面メニューをブロック化した
- ドキュメントを少し整備した

v0.36 (2007-03-23)
- 管理画面テーマの互換性のさらなる改善
- 管理画面テーマで、本家版2.0.xでもブロック表示を可能とした
- 管理画面テーマブロック表示仕様変更 (対象に"ALTSYS"が明示的に指定された時だけ)
- 管理画面テーマでのxoops_breadcrumbs対応
- PHPだと管理画面テーマが機能しなかったのを修正 (thx sakichi) 0.36a

v0.35 (2007-03-22)
- 管理画面テーマの互換性改善
- ブロック表示を可能にした (現状ではJP版のみ)

v0.34 (2007-03-21)
- 管理画面を公開側テーマで表示する機能の追加

v0.33 (2007-03-20)
- 管理メニューの書き換え機能をもう少し改良した
- テンプレートの高度な管理で、HTML以外のテンプレートの処理を変更
- 言語ファイル更新
-- persian (thx voltan)

v0.32 (2007-03-19)
- 管理メニューの書き換え機能の完成度を高めた
- 0.31でインストールできなくなっていたバグの修正 (thx fourpsk)

v0.31 (2007-03-18)
- 管理メニューの書き換え機能追加

v0.30 (2007-03-14) ※ 公開側をいったん消してください
- ファイル構成の見直し(以降はXOOPS_TRUST_PATHのみ上書きすれば良い形にした)

v0.21 (2006-10-27)
- テンプレートへの埋め込みでリンク先がおかしかったのを修正 (thx makimaki)
- トルコ語追加 (thx voltan)

v0.20 (2006-10-18)
- Cube 2.1 beta で動くようにした
- メニューがおかしかったのを修正 (thx usagiya) 0.20a

v0.12 (2006-07-18)
- Cube 2.1 alpha3 でsystemモジュールが存在しない場合への対応を追加

v0.11 (2006-06-21)
- myblocksadmin上のspawリンクがおかしかったのを修正 (thx nico)
- アイコン更新 (thx argon)

v0.10 (2006-05-19)
- 最初のリリース
- myblocksadmin
- mytplsadmin
- mypreferences
- compilehookadmin
- & の扱いを修正 (myblocksadmin)
- XOOPS 2.2対応 (myblocksadmin)



Downloaded 92170 times  92170  File Size 81.06 KB  Supported Platforms tar.gz|zip|php5|xc21|icms  Home Page http://www.peak.ne.jp/
Modify | Report Broken File | Tell a Friend | Comments (13)


Comments list

CinTake  Posted on 2011/10/1 18:49
モジュールありがとうございます。
Xoops2.4系にインストールしたら文字化けになり、色々調べた結果、以下のフォルダ名を変更することでうまくいきました。

XOOPS_TRUS_PATH/libs/altsys/language/ja_utf8
==> japanese (元のjpaneseフォルダは名称変更)

参考:http://code.google.com/p/xoops-core-japanese/wiki/XOOPSJapanese
(ja_utf8 というフォルダがある場合は japanese を別名にするか削除し、ja_utf8 を japanese に変更)
tohokuaiki  Posted on 2009/2/6 18:46 | Last modified
Hi, GIJOE.
I recently use DB template system as usual.

And Altsys auto-update-system is very very useful, for developping module templates.

I find .css template file is not updated automatically.

xoops_trust_path/libs/altsys/include/autoupdate_from_module.inc.php at Line 19.
! if( is_file( $file_path ) && (substr( $file , -5 ) == '.html'||substr( $file , -4 ) == '.css') ) {

It works!
lansnode  Posted on 2009/1/9 12:43 | Last modified
translate to chinese

schinese + schinese_utf8

download here:http://d8q.net/wfdownloads+singlefile.lid+61.htm
GIJOE  Posted on 2008/12/21 4:28
hi voltan.

I've just downloaded it and updated my repository.
altsys-0.71 includes your language files.

Thank you!
voltan  Posted on 2008/12/19 20:01 | Last modified
thx gijoe
you can find last persian language fro here
http://xoopspersian.svn.sourceforge.net/viewvc/xoopspersian/modules/altsys/trunk/

and thank you for support xoops 2.3.x
voltan  Posted on 2008/9/2 0:19
today xoops 2.3rc2 Released
http://www.xoops.org/modules/news/article.php?storyid=4402

In main package add Several module! pm, profile, protector and altsys 0.60!!!
altsys work without any problem for me!!!!
I am very happy :D
GIJOE  Posted on 2008/8/31 4:17 | Last modified
hi voltan.

Quote:

but i think structure of xoops 2.3 blocks like xoops 2.0 and add block clone system to it !
Thank you for a good notification.
Though I don't have time to support XOOPS2.3 positively, I'll never be negative against XOOPS2.3
voltan  Posted on 2008/7/19 19:47
Quote:
Do you know the structure of the blocks in 2.3?


sorry i don't konw .
but i think structure of xoops 2.3 blocks like xoops 2.0 and add block clone system to it !
GIJOE  Posted on 2008/7/10 3:47
hi voltan.

Quote:

voltan wrotes:
I sow altsys have some problem in xoops 2.3
I test xoops 2.3 and i sow all of your modules work in this version but altsys have this error
As my rule, I don't support "XOOPS" from xoops.org.

BTW, 2.3 looks not a heir of XOOPS-2.2

If the block of 2.3 has a structure same as 2.0, all I have to do is just modifying the condition branching XOOPS versions.

Do you know the structure of the blocks in 2.3?
voltan  Posted on 2008/7/10 2:13
hello GIJOE
I sow altsys have some problem in xoops 2.3
I test xoops 2.3 and i sow all of your modules work in this version but altsys have this error

 This page cannot be displayed due to an internal error.

You can provide the following information to the administrators of this site to help them solve the problem:

Error: Class XoopsBlockinstanceHandler does not exist
Handler Name: blockinstance
Backtrace:
/include/functions.php (446)
D:/xampp/xampp/htdocs/xoops_trust_path/libs/altsys/include/MyBlocksAdminForXoops22.class.php (77)
D:/xampp/xampp/htdocs/xoops_trust_path/libs/altsys/myblocksadmin.php (168)
D:/xampp/xampp/htdocs/xoops_trust_path/libs/altsys/index.php (39)
/modules/altsys/admin/index.php (11) 

i think altsys very better for administration block Proportion xoops block system
Login
Username or e-mail:

Password:

Remember Me

Lost Password?

Register now!