PEAK XOOPS - minihaku-1.08 in englishin japanese






Main : XOOPS Modules : 

Category: XOOPS Modules          
Download Now! Download Now! minihaku-1.08 Popular Version: 1.08
Submitted Date:  2007/1/10
Description:
in englishin japanese
== ミニ白扇 ==

新規登録とかアカウント編集をテンプレートとしてカスタマイズしたいけど、白扇は配布中止しているし、どうしようかなあ、と仕方なく作ったサブセット版。

使い方:

- モジュールとしてインストール
- mainfile.php の後ろの方に1行だけ追加(赤い行)

	include XOOPS_ROOT_PATH.'/modules/minihaku/include/mainfilehook.php' ;
}
?>

- include/config.dist.php を config.php にリネームします
- config.php を適宜編集します。

あとは、必要に応じて、テンプレートをaltsysもしくはtplsadminで編集してください。
edituserとregisterについては、minihaku内にテンプレートがありますが、userinfoはsystemのをそのまま利用する、というあたりがつまづきやすいポイントでしょうか。

system_userinfo.html において、追加したフィールドの値を表示したい場合は、Smartyのフィルタプラグイン minihaku_userinfo を利用します。(実のところ、userinfo.htmlには、管理者以外にはuidが渡ってこないことが判明したため、$_GET["uid"]から拾っています。そういう意味では、フィルタプラグインとしての利用ではないのですが…)
例) 性別を表示する

<{$user_uid|minihaku_userinfo:"sex":"uid"}>


usersテーブルにフィールドを増やすこと自体は、DBに対して、ALTER TABLEを直接発行してください。判らなければ、phpMyAdminを利用するのも手でしょう。

いわゆるコントローラっぽいものは一切用意していません。つまり、判る人にだけ判ればいいや、てな作りになってますが、基本的に、テンプレートとincldue/config.phpだけをいじれば良いはずです。特定のキーが入力された時だけ、あるグループに所属させる、なんてことも簡単にできるようにはしてあります。


1.08 2007-01-10
- config.php 内で $stop_error_extras 配列を利用できるようにした (thx jidaikobo)
- 一般設定をアサインするようにした(ユーザ名の最大・最小文字数などを表示するため)
- 一般設定の利用許諾文表示設定を反映するようにした (thx eyesonly)

1.07 2006-09-24
- 環境によってインストールできないバグを修正 (thx kojima)

1.06 2006-08-26
- userinfo.html に user_uid がアサインされていないのでプラグインを変更 (thx nico)



Downloaded 20246 times  20246  File Size 7.13 KB  Supported Platforms tar.gz|zip  Home Page http://www.peak.ne.jp/
Modify | Report Broken File | Tell a Friend | Comments (1)


Comments list

GIJOE  Posted on 2006/7/7 3:52
おお、ご指摘ありがとうございます。
edituserhookからコピペで持ってきてそのままでした。
こんなおまけモジュールでも、ソースは公開しておくもんだ、と思いました
coyote  Posted on 2006/7/7 0:08
はじめまして。GIJOEさんのコード参考にしてます。
PHPサイバーテロの技法も読ませていただきました。
ありがとうございます

registerhook.phpの90行あたりで
$db->query( "UPDATE ".$db->prefix("users")." SET $field='".addslashes(@$allowed_requests[$field])."' WHERE uid=".$xoopsUser->getVar("uid") ) ;
の部分は
$db->query( "UPDATE ".$db->prefix("users")." SET $field='".addslashes(@$allowed_requests[$field])."' WHERE uid=".$newid  ) ;
となると思います。最初からそのように作ってあったので一応ご報告まで。
Login
Username or e-mail:

Password:

Remember Me

Lost Password?

Register now!